スポンサーサイト

  • 2018.09.29 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    山間地の集落でマイ健康レコードシステムを使った健康増進の実験

    • 2013.09.06 Friday
    • 20:35

    市川三郷町では総務省のICT街づくり推進事業の実証実験を山梨大学と協働ですすめています。
    これはスマホやタブレットを使って無線で山間地の集落と連絡し、防災や医療などの暮らしに強い街づくりを進めるための実験ですが、この中で、NPO法人慢性疾患診療支援システム研究会な どが開発した情報システムを使った健康増進の取り組みが行われようとしています。

    以下事業実施計画書より抜粋。
    --------------------------------------

    山梨大学とNPO法人慢性疾患診療支援システム研究会で協力して開発している医療情報連携システムを活用し、病気になりにくい地域環境 を構築する。

    高齢者の健康状態や投薬内容などを基幹病院と地域医療機関、薬局、地域包括支援センターがデータを提供し、これら機関 間で情報を共有化することにより、病気の重篤化を地域全体で防ぎ、健康な街づくりを支援する。
    広域SNSに住民が登録したお薬情報、かかりつけ医情報は災害時に医療機関による閲覧が可能となる。災害時には、災害対応管理システムと広域SNSとのシステム連携により、負傷者の本人 確認を行い、さらに負傷者の情報を医療機関に引き渡すことによって、医療機関の受入れ態勢を整えることができる。

    --------------------------------------

    ICT:Information & Communication Technology(情報通信技術)

    広域SNS:大学、病院、行政、学校、地域住民を含めた双方向の情報連携を行うために開発するシステム。

    対象地域の住民がマイ健康レコードシステムに加入することで、大学医学部や地域の医療機関と連携した救急医療と健康増進の取り組みを図ろうという この実験、市川三郷町の大同地区を対象に来年の3月まで実施されます。

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    時計

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM